北海道のトレーラーハウスなら株式会社渡辺組

自由を「カタチ」にする車両

“Made in 北海道”で実現する
寒冷地仕様のトレーラーハウス

INSTAGRAM


挑戦し続ける
ミサワホームグループと
共同開発した
トレーラーハウス

北海道よりも更に厳しい環境である南極大陸。
厳冬期の最低気温はマイナス60℃を超え、
風速80mのブリザードが吹き荒れる事が珍しくない極寒の地で、
1968年より今日にいたるまで様々な建物を数十棟も手がけてきたミサワホーム。

そして、時代の変遷に合わせて遊休資源の有効活用を推進し、
寒冷地でも快適に過ごす事のできるトレーラーハウスの開発を進めてきた渡辺組。

二社が2年の歳月をかけて共同開発し、
積み重ねてきた建設技術と断熱性・強度を組み合わせる事で、
雪に負けない寒冷地仕様のトレーラーハウスが誕生しました。

FEATURES

厳しい寒さと積雪から
まもる強度と断熱性能

01

強度と耐久性に優れた工法

02

Maid in 北海道の寒冷地仕様

03

安心の車検対応モデル

  • 01

    強度と耐久性に優れた工法

    ミサワホームが得意とする木質パネル接着工法。
    パネルの高い強度を最大限にいかす「モノコック構造」は、パネル同士を高分子接着剤やスクリュー釘、接合金具を
    用いて強固に麺接合させる事で、地震や強風などの様々な外力が構造の一点に集中することなく、建物の”面”全体で
    力を分散する事で高い強度を実現した工法です。
    そのためひずみやくるいが生じにくく、優れた耐久性は維持費の削減・再販売価値の向上に繋がります。

    導入にあたってシェイプ

  • 02

    Made in 北海道の寒冷地仕様

    本州に拠点を置くメーカーで製造されるトレーラーハウスは、
    本州の温暖な環境下で必要な限りの性能を持たせて製造しています。
    そのため北海道などの寒冷地で使用する場合、3シーズンは快適に過ごせるものの、冬の厳しい寒さの中では性能が追い付かない状況でした。
    2年におよぶミサワホームとの共同研究開発により断熱仕様やサッシなど、細部にわたり北海道の厳しい環境を
    しっかりと考えた本格的な寒冷地仕様を実現しました。北海道においては、暖かさ、快適性こそが最大の付加価値と考えています。

    導入にあたってシェイプ

  • 03

    安心の車検対応モデル

    弊社が販売するトレーラーハウスは、車検対応モデルです。
    今後の規制強化をしっかり見据え、すべて車検を取得しております。
    そのため必要に応じていつでも移動可能で、大きさは幅2.5m、長さ8mと、トレーラーハウスの規格としては中型モデルであるため、事前の通行申請なく高速道路もけん引して走行できます。
    これらの利便性を兼ね備えた上でオーダーメイドの空間づくりが可能なため、ご要望を詰め込んだ全天候、全気候対応の空間をご用意いたします。

    導入にあたってシェイプ

GUIDANCE

導入にあたって

トレーラーハウスの利用によるメリットや、寒冷地仕様の強み・納品までの流れについてご紹介します。
お客様のビジネスモデルに沿ったご要望をもとに、設置から設備工事までをお手伝いいたします。

導入にあたってシェイプ